• カテゴリー別アーカイブ 理事長室
  • 理事長室

    理事長室

    理事長 岩間康徳

    iwama 皆さん、自転車に乗っていますでしょうか。そしてサイクリングを楽しんでいますでしょうか。

     二輪自転車が発明されたのは1817年と言われているので、生まれてから既に200歳になりました。

     自転車とは、ウィキペディアの文言を借りると「自動車などと比較して、移動距離当たりのエネルギーが少なく、路上の専有面積が少なく、有害な排出ガスが発生しない。

     また維持運用にかかる費用が安く、整備が容易である。また徒歩や走行と比較すると少ないエネルギーでより遠くに早く移動できるエネルギー効率は良く、先進国を中心に、健康増進効果への期待や、環境への負荷の少ない乗り物」と解説されています。

     この200年にわたる自転車文化を、今後とも地球に優しく健康的で、楽しく安全に利用するために、我々千葉県サイクリング協会(CCA)があり、その一助となるべきと考えます。そのために、初心者向けのサイクリング大会から上級者向けの大会まで、そして講演会や講習会も開き、安全なサイクリングを啓蒙しています。

     しかしながら、CCAの役員やスタッフの人数も限られており、ほとんどの方は仕事を持っており、ボランティアで運営に参画しております。そのために、運営は合理化を図り省力化もすすめていきます。

     多くの方にCCAの会員になって頂き、安全にサイクリングを楽しんで頂くために、関東甲信越の各都県協会と共に、サイクリストにとってより有利な「サイクリスト保険」を創設しました。皆さんが安全で楽しいサイクリングが出来ますよう、CCAはより一層努めて参ります。

     平成29年5月に自転車活用推進法が施行され、平成30年4月より千葉県内の公道でのタンデム自転車の走行が全面的に認めれました。そして平成32年には東京でオリンピック・パラリンピックが開かれ、海外から千葉県内で自転車の事前合宿も検討されております。

     このように自転車を取り巻く環境が大きく変化してきております。CCAとしてもこれらに対応すべく新しいCCAに向かって参ります。
     今後ともCCAは皆さんが安全で楽しいサイクリングが出来ますよう努めて参りますので、宜しく願い致します。

                                      平成30年5月吉日