• カテゴリー別アーカイブ ゲスト
  •  グランフォンドレース

                           CCAスペシャルゲスト 順天堂大学名誉教授 形本静夫

     

     近年、「○○グランフォンド」とか「グランフォンド○○」と銘打たれたサイクリングイベントが全国各地で開催されるようになってきた。

      ものの本によると、グランフォンドは10年ほど前にイタリアで生まれた、との記述が見られる。グランフォンドはイタリア語で「大きな移動」という意味で、長距離を自転車で走ることを言うらしい。一般的には山岳コースをメインとしたロングライドイベント(150~200㎞)のことを言い、獲得標高も2000mを超える本格的山岳ライドとして設定され、ときには4000m以上になることもあるという。まさに、チャレンジ精神が鼓舞されるイベントだと言えよう。

     私もこのようなグランフォンドに関心を持ち、8年ほど前からいくつかのイベントに参加してきた。しかし、ゴールタイムを計測することはまれで、あってもレースではなく、よいタイムが表彰の対象になることもなかった。また、コースの途中にはエイドステーションが必ず設けられていて、そこで飲み食いするのが常であり、参加者にとっては、タイムはあくまでも余興であり目的ではなかった。つまり長い距離を走る中で登りを楽しむ、それがグランフォンドであると思ってきた。

     しかし、国際自転車競技連合(UCI: Union Cycliste Internationale)主催の今年のグランフォンド世界選手権大会(Gran Fondo World Championship)が9月にオーストラリアのパースで開催されるにあたり、3回目を迎える「ニセコクラシック」が、本年度からそのアジア地区予選大会として公認されたことを知った。開催日は7月10日(日)で、場所はもちろんニセコであった。おそらく、我が国初の本格的グランフォンドレースではないかと思われた。

     要項を見ると、途中にエイドステーションなどはなく、純粋に着順・タイムを競うレースとして行われることが記載されていた。もちろん、通常のグランファンドにあるような細い山道コースなどはなく、舗装された幅の広い公道が用意されていた。ここがよくあるグランファンドとは違うところかもしれない。ニセコは私の生まれ故郷から車で1時間半もあれば行けるので、親族に会う楽しみも兼ねて参加してみることにした。

     レースは年齢によって区分され、50歳未満の者は140㎞(獲得標高約2400m)、50歳以上の者は70㎞(獲得標高約1100m)に出場して、それぞれの年齢カテゴリー(19~34、35~39、40~44、45~49、50~54、55~59、60~64、+65歳)で上位25%以内に入れば、世界選手権大会への出場権を手にすることができるという。大会時点で69歳直前であった私は、+65のカテゴリーに出場することになった。

     きつい登りは、リアルスタート直後の約2㎞、37㎞付近からの約10㎞、57㎞付近からの約3㎞、65㎞付近からの約0.6㎞の4ヶ所であったが、65㎞以降は登り基調で、ゴール前の300mほども6%ほどの上り勾配となっていた。距離は、ルートラボによれば73.5㎞であった。

     スタートは、集合場所の広場からまず女性グループを先頭に、50~54、55~69、60~64、+65、オープンの部、の順に出て行くというものであった。タイム計測は、女性のスタート時刻に合わされていた。パレード走行中にその差は縮まり、リアルスタート時には大きな集団になった。しかし、どうしてもあとからスタートしたグループは後方に置かれるかたちになるので、やや不利となる感は否めなかった。

     このレースのポイントは、リアルスタート直後の約2㎞の登りで先頭集団から遅れない、あるいは遅れてもその後の緩い下り基調で追いつける距離の集団にいることである。膝の違和感で登りの練習が不十分で、かつ後方からスタートを余儀なくされた私はこの登りで50mほど先頭集団から離されてしまった。しかし、その後の下り基調を利用してなんとか集団に追いつくことができた。だが、集団の中で過ごせたのは本格的な登りが始まる37㎞付近までで、その後は力のなさを思い知らされた。

     登り基調が続く後半は、登坂力に加えスタミナも要求されるが、距離は短いので徹底的な走り込みは不必要かもしれない。ただ、世界選手権大会では105㎞前後の距離が課されるようなので、世界を目指した場合は別な対策が必要になるかもしれない。

     今回は土砂降りの中でのレースとなってしまったが、幸いスリップ事故に遭遇することもなく、無事レースを終えることができた。+65歳のカテゴリーには、私も含めて6名がエントリーしていて、全員が出走した。中には前年度の優勝者もいたが、運良く2位に6分08秒ほどの差をつけて出場権を手にすることができた。タイムは2時間22分13秒00であった。

    161022%e5%bd%a2%e6%9c%ac%e6%b0%8f%e5%86%99%e7%9c%9f

    表彰式のあとに知り合いの栗村修さんと

     

     世界選手権大会への出場は諸般の事情で見送ったが、世界大会では+70歳のカテゴリーも実施されていたので、可能なら次年度もチャレンジし、世界の同年代の人たちとレースを一緒に走り交流を深めてみたいと考えている。今回のグランフォンドレースへの出場は、このようなサイクリングの楽しみ方もあることを教えてくれた気がしている。もちろん、ニセコの大会にも、多数の外国人の参加があったことを記しておかなくてはならないだろう。

     レースというと、なんとなく息苦しさを感ずる人も多いと思うが、普通のグランフォンドからエイドがなくなったものだと考えれば気が楽になるかもしれない。ニセコの大会は距離が73㎞ほどとやや短く、獲得標高(1100m)も手頃で足きりも緩やかなので、出走すればほとんどの人が完走できる。チャレンジを試みてみたい人には、お勧めだと思われる。もとより、ニセコの付近は景勝の地である。余裕があれば、レース後に積丹半島や洞爺湖、支笏湖方面に足を伸ばして、北海道の初夏を思う存分楽しむこともできる。お勧めしたいと思う。

     さて、11月26日(土)には「清和の森サイクリング」が開かれる。このイベントはサイクリングとはなっているが、その距離、獲得標高からすれば、レースではないが、これはもう立派なグランフォンドでないかと思われる。グランフォンド好きの私はここ2年ほど連続して参加しているが、今年も知り合いのサイクリング仲間とともに申込みをした。今は、晴天のもと楽しくサイクリングができることを祈りつつ、その日が来るのを待ちわびているところである。

     


  • 柏~筑波サイクリングのエネルギー消費量、運動強度および機械的効率

     CCAスペシャルゲスト 形本静夫(順天堂大学名誉教授)

     

     昨年に引き続き今年も標記サイクリングに参加させてもらった。今回の参加の目的は参加者とともにライドを楽しむとともに、118㎞のサイクリングによってどれほどのエネルギーを消費するのかを測定し、健康づくりにおける意義を皆さんに伝えることにあった。

     サイクリングのような移動運動時のエネルギー消費量を直接測定することはかなりの困難性を伴うので、今回は自転車エルゴメータによる負荷運動で作成した心拍数-酸素摂取量(酸素消費量)関係を利用することにした。心拍数と酸素消費量の間には高い直線関係が存在するので、心拍数が分かればそのときの酸素消費量を容易に知ることができる。そして、1ιの酸素消費量は4.924kcalの発生熱量に相当するので、サイクリング時の心拍数から、エネルギー消費量(kcal)を推定できることができることになる。

     また、今回は市販のペダリングモニターを利用してパワーを測定し、サイクリングの機械的効率(消費されたエネルギー費となされた機械的仕事との割合)を合わせて調べてみることにした。

     被験者は私自身で、わずか1名によるデータでしかないが、皆さんのサイクリングライフの参考になれば幸いである。得られた結果は、つぎの通りであった。

     

    1 エネルギー消費量および運動強度

     およそ118㎞にわたって行われたサイクリング時の平均速度は23.9 km/h、平均心拍数は99拍/分であった。この心拍数から推定された総エネルギー消費量は2573 kcalで、体重1 kgを1 kmの運ぶのに必要なエネルギー量=エネルギーコストは、およそ0.34 kcal・kg-1・km-1となった。

    この値は、サイクリング愛好者がツーリングやエンデューロレースに参加したときのエネルギーコスト(0.36~0.38 kcal・kg-1・km-1)よりもやや低いものであった。これは、走行速度が24km/hと遅く、コースも平坦でほとんどすべてをドラフティングしながら走ったことによるのかもしれない。

     この値(0.34 kcal・kg-1・km-1)もとに、体重が45 kgから75 kgの人について予想される柏~筑波サイクリングのエネルギー消費量を求めてみると、表1のようになった。推定値ではあるが、参考になれば幸いである。

     

     

    表1 柏~筑波サイクリングの体重別推定エネルギー消費量

     

    体重 kg

    推定エネルギー消費量 kcal

    45

    1805

    50

    2006

    55

    2207

    60

    2407

    65

    2608

    70

    2808

    75

    3009

     

    ところで、サイクリングのような有酸素運動の強度は、運動時の酸素摂取水準を最大酸素摂取量で除することで、科学的に評価することができることが知られている。そこで、心拍数(99拍/分)から酸素摂取量を推定し、最大酸素摂取量に対する割合を求めてみると、51%となった。この運動強度水準は、これまでの研究成果によれば無酸素的作業域値(AT)以下に相当するので、今回のサイクリングは、私にとって間違いなく有酸素的なものであったことを示している。

    ところで、運動時における脂質代謝は、運動の強度が低いほど、また時間が長くなればなるほど盛んになる。今回のサイクリングは強度が低く、かつライドが長時間に及んでいたことを考えると、脂肪の燃焼が活発に行われていたと考えてよいであろう。

     

    2 機械的効率

     私達の運動は筋肉中にある化学的エネルギー物質(ATP:アデンノシン三リン酸)を分解したときに放出されるエネルギーを利用して行われる。放出されたエネルギーの一部が機械的エネルギーに変換されて手足の動きとなり、その他は熱エネギーとなって身体を温めることになる。このときに分解した化学的エネルギー量に対するなされた機械的仕事の割合を機械的効率と呼び、自転車では0.20前後の値をとることが知られている。

    そこで、ペダリングモニターで得られたパワー値もとに、今回のサイクリングの総仕事量を算出して機械的効率を求めてみたところ、0.207となった。

    したがって、使用されたエネルギー2573 kcalのうち、533 kcalが自転車推進のだめの機械的エネルギーに変換され、残りの2040 kcalの多くは熱となって身体を温められるのに使われたわけである。ライド中に汗をかいた人もいるかと思われるが、これは、放出されたエネルギーの大半が熱エネルギーに変換されたためである。

    運動の強度やエネルギー消費量を測定し評価することは、運動プログラムを考える上で、とても大切なことである。今回の話題提供がそのときに役立てば幸いである。


  • 南房総菜の花サイクリングに参加して

                                            スペシャルゲスト 形本静夫(順天堂大学名誉教授)

     去る2月28日(日)、館山市のショッピングセンター・イオンの駐車場を発着点して開催された標記イベントに初めて参加した。このイベントはこれまで天気に恵まれなかったと聞いていたが、当日は晴天でかつこの時期にしては比較的気温も高く、それほど風も強くなかったこともあって、快適なうちにサイクリングを終了することができた。

     佐藤会長のお誘いのもと、会場近くの民宿に前泊し、当日に備えることになった。宿の前には学生時代海浜実習(遠泳)で苦しんだ北条海水浴場があり、そのとき宿泊した大学の寮も研修所として残っていて、とても懐かしかった。

     当日は会場設営に出かける皆さんと6時15分から朝食を摂り、8時半過ぎに1㎞ほど離れた会場に向かって受付を済ませた。その後、アップを兼ねて那古船形駅の先まで軽く乗り、会場に戻るとちょうど9時半からの開会式が始まるところであった。

    菜の花(形本)1

               イオン駐車場での開会式

     

     開会式では、一緒に走るチェリージャパンの女子選手2名と監督が紹介された。監督の高橋松吉氏とは選手時代からの付き合いがあったが、思わぬところで数年ぶりの再会となり、イベント参加が記憶に残るものとなった。

    菜の花(形本)2

    チェリージャパンの高橋監督とともに

     

     絶好のコンディションのもと、10時過ぎに第3グループで出走し、しばらくはノンビリと景色を楽しみながら走らせてもらった。途中、信号でグループが2つに分かれてしまい先行グループで走ることになったが、しばらくするとその集団もバラケ気味になってきた。そこで少しずつ前に出るうちに、このコースで唯一の坂らしい登りが始まった。

    距離は1㎞ほどで、傾斜は39/19~21のギヤで気持よく登れる程度だったが、多くの人が喘ぎ喘ぎ登っている感じだったので、初級者には少し辛かったのかもしれない。この坂を一気に登って先行する集団の後に付き、下ると間もなく千倉駅に到着した。

     ここで暫時休憩を取っていると、第1グループが昼食会場を目指して出て行くのが見えた。つぎのグループが出るのを待つが、そのような気配がまったくなかったので、ガーミンの地図を頼りに追いかけることにした。2分ほどの遅れだったのですぐに追いつくと思ったが、これは誤りだった。

    1㎞弱走って海岸線に出ると、追い風基調になった。先頭は30㎞/hぐらいで走っていると考え、34km/h前後で追いかけるが、なかなか後姿が見えてこない。そこで、36㎞/hぐらいまで上げて走っていると、前方に数人のサイクリストの後ろ姿が見えてきた。しかし、彼らは集団から切れた人たちで、先頭グループはその先4~500mのところを走っていた。かなりのベースで走っているようだったので、さらにベースを上げて踏み続け、なんとか追いつくことができた。後方待機のまましばらく走るうちに、昼食会場である白浜野島崎に到着した。早速、係の人にお弁当とお茶をいただき、暖かい陽差しを浴びつつ、高橋監督と談笑しながら食した。弁当はそれなりにボリュームがあったが、美味しかったので、あっという間に食べ終えてしまった。

    菜の花(形本)3

        柔らかい陽差しのもと、海を眺めながらの昼食は最高であった

     

     昼食会場からゴールまではおよそ30㎞。ここからは第1グループで走ることにした。30名ほどの大集団になったので、後方1/3ぐらいに位置し、安全のため車間を切って走ることにした。私の後に付いた人は少しイライラしたかもしれないが、安全のためだったのでご容赦いただきたい。そのままフラワーラインに出て平坦区間を淡々と走っているうちに「海の駅だいぼ」に到着し、ここで小休憩を取ることになった。あと十数㎞となった。

    しかし、ここから州崎灯台に至る道には若干の登りが待ち構えていて、脚に疲れのある人たちが遅れだした。その後に付くのは走りにくいので、これを交わして先頭グループの後に付くことにした。また、灯台から先は少し向かい風になり、その上多少のアップダウンもあったが、リーダーがうまく走ってくれたので脱落者もなく、午後1時32分無事出発地点に戻ることができた。受付でナンバーチェックを受け、完走記念のあんパンをいただいた。これは恒例とか。私はその場で食べずに、家に持ち帰り翌日の朝いただいたが、評判通りの美味しさであった。

    菜の花(形本)4

    コール後、ナンバーチェックを受け、完走記念のあんパンをいただく参加者

     

     今回用意されていたコースは、距離・難度ともに初級者がサイクリングを思う存分楽しめるものであった。主催者や関係者のホスピタリティも十分であったし、天候にも恵まれたのでなおさらであった。いつもいい気象条件に恵まれてもらいたいと思った。

     ただ1つ残念だったのは、「駐車場内での自転車走行は禁忌です」、とのアナウンスが主催者やイオン側から再三されていたにも関わらず、到着後に遵守できなかった人が散見されたことである。スポーツサイクリングはポピュラーになりつつあるが、さらなる発展には、サイクリストのマナーの良さが不可欠であると思われる。このイベントが今後もこの駐車場を借りて続けられるよう、これからはルールの遵守に心がけてもらいたい、と願いつつ帰路についた。


  • CCAスペシャルゲスト 形本静夫氏からのメッセージ

    こんにちは。私は、協会よりCCAスペシャルゲストの任を仰せつかっている形本静夫と申します。現在、67歳です。2年ほど前に定年退職し、今はサイクリングを日々楽しむ贅沢?な毎日を送っております。

    私のサイクリング歴は、さほど長くなく、今年でちょうど11年目を迎えているところです。もっぱら、センチュリーランやグランフォンドを中心に走り、時折エンデューロレースやヒルクライム(HC)にも挑戦しております。さしたる競技成績はありませんが、去年は富士HCを1時間19分43秒で走りきることができました。

    最近はクランク型のパワーメーターをモニターする機会が得られましたので、これを利用して日常のサイクリングの機械的効率を測定したり、心拍数からエネルギー消費量やエネルギーコスト(体重1㎏を1㎞運ぶのに必要なエネルギー量)を推定したりしながら、サイクリングを楽しんでいます。

    これまでに、自分自身を対象として、それぞれ15~18回ほどの測定で得たサイクリングの機械的効率とエネルギーコストは、3本ローラーの場合が19.6%と0.27 kcal・kg-1・km-1、ロードサイクリングの場合が21.0%と0.34 kcal・kg-1・km-1でした。機械的効率はロードサイクリングの方が、移動の経済性は3本ローラーによるサイクリングの方が、やや優れているという結果が得られています。

    ランニングの機械的効率はおよそ25%前後ですので、サイクリングの場合は、それよりは低いようです。機械的効率は、筋肉が収縮するときに分解した化学的エネルギー量と手脚の動きとなって現れた機械的エネルギー量との比率を表したものですので、サイクリングでは、分解した化学的エネルギー量のうち、80%は熱になって体温を上げるのに使われているということになります。

    また、エネルギーコストについて言うと、ランニングではスピードに関係なくほぼ1 kcal/kg/kmですので、大ざっぱに言えば、サイクリングはその1/3程度ということになります。言い換えれば、自転車で30㎞乗るときのエネルギー消費が、10kmランニングするときのエネルギー消費量に相当するということにとなります。しかし、自転車ではランニングのような着地に伴う衝撃がありませんので、走る距離は3倍になりますが、ランニングほどきつくなく運動することができます。

    私が複数の人を対象に調べたママチャリ走行時や、エンデューロレース・長距離ツーリング時のエネルギーコストは、およそ0.33~0.38 kcal/kg/kmの範囲にありましたので、私の値は妥当なところかなと思っています。エネルギーコストにご自分の体重と走行距離を掛ければ、サイクリングで消費したエネルギー量をかなり正確に推測することができます。どうぞ試してみてください。

    最後になりましたが、私は大学のスポーツ科学系学部で長年運動生理学の教育と研究に携わり、その中で自転車に関する研究も行ってきました。また、自転車競技部の監督も務めてきましたので、必ずしも十分とは言えませんが、みなさんのサイクリングライフに関する疑問にも、そのときの経験を生かして、少しはお答えできるのではないかと思っています。

    サイクリングは健康に優れた効果を持つスポーツです。イベント会場でお会いする機会がありましたら、気軽に声をかけて、質問してくださって結構です。

    イベントで皆様とご一緒する機会を多く持てれば、と思っております。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

    【形本静夫氏のプロフィール】

    東京教育大学(現筑波大学)大学院体育学研究科修士課程終了

    順天堂大学名誉教授・博士(医学)

    日本健康体力栄養学会会長

    150419形本氏写真(表彰式4)

    (2012 Motegi Run & Bike 4時間エンデューロ50歳以上1位になって)