2017年のシーズンを迎えるにあたって

               スペシャルゲスト 形本静夫(順天堂大学名誉教授)

 時が経つのは早いもので、今年も早二月下旬となり、サイクリングシーズンが目前に迫ってきました。CCA会員の皆様におかれまして、如何お過ごしでしょうか。間近に迫ったシーズンを前に、ライドに余念がないことと思います。

私の今年のサイクリングライフは、元旦のハイブリッドローラーによる距離30㎞によって開始されました。そして、翌2日には実走による41㎞のサイクリングを楽しみ、4日には友人と自宅から約40㎞のところにある牛久大仏まで出かけ、帰り際に美味しい焼き芋を食させてもらいました。

 

この一年の安全なサイクリングをお願いしてきました

 70歳となる今年は、200㎞を超えるロングライドへの挑戦を2つほど考えておりますが、無理のないトレーニングを地道に積み重ね、完走を目指したいと思っております。6月には、3年前に出した自己記録(1:19’43”)の更新を目指して、2年ぶりに富士ヒルクライムに挑戦の予定です。

また、今年はただ走るだけなく、近隣の美味しいものを求めるサイクリングも視野に入れております。もちろん、スケジュールの確保ができれば、可能な限りCCAのイベントに参加していく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、様々なサイクリングイベントで、皆様にお会いできることを楽しみにいたしております。


コメントは受け付けていません