千葉県サイクリング協会(CCA)の法人化にむけてのご挨拶

 

千葉県サイクリング協会(CCA)の法人化に向けてのご挨拶

 

ここ数年我が国の自転車を取り巻く環境は大きく変化してきております。昨年5月長年の懸案であった自転車活用推進法が施行され、今後国策として自転車の積極的な活用が図られることとなります。

CCAは現状と将来を見据えて更にレベルアップを図り、会員ならびに自転車愛好者のために、また、より一層社会的役割を担うために、昨年来CCAの法人化について検討を重ねてきました。その結果、今年2月の理事会にて法人化することを決定いたしました。発足は2019年4月1日を予定しており、2019年3月末に現在の任意団体を解散し、同年4月1日より非営利団体の「一般社団法人千葉県サイクリング協会」に引き継ぎます。

一般社団法人となりましても、行事の運営、会員の特典、会報「ちばりんりん」の発行など基本的に変更はありませんが、より一層充実した魅力あるものを目指してまいります。また、交通安全の推進をはじめ観光振興などにも関係諸団体と連携して参ります。

 

 組織運営については、理事・監事および支部委員が議決権を有する社員(正会員)となって最高議決機関である社員総会を構成して協会運営に当たり、一般会員は事業目的に賛同し参加頂く賛助会員となります。

 

 なお、今年度12月より法人として2019年度の新規会員の募集を開始します。

今後ともご協力ご支援のほどよろしくお願い申し上げまして、法人化のご挨拶とさせて頂きます。

 

2018年9月吉日

千葉県サイクリング協会

会 長 佐藤明弘

理事長 岩間康徳

 

 

 

 

 

 

 


コメントは受け付けていません